オーストラリアの豊かな大地が育むスーパーフード

キャロブ Carob


キャロブって何ですか?
   キャロブ(carob)はマメ科の植物で、樹木そのものをさすだけではなく鞘を乾燥させて粉末にした食品を指してキャロブと呼ぶことも多いです。
果実が細長く角ばった豆状なので学名の語源は「 動物の角 」、日本ではイナゴに見えたことからイナゴマメの名称がついています。
 このキャロブの種子の大きさや重さがほぼ均一事であったことから、ギリシャ語名が宝石の重さや金の純度を示す単位のカラットの語源ともなったそうです。カルシウムや鉄分、不溶性食物繊維などを多く含んだスーパーフードとして健康食品として重用されています。キャロブ自体が自然の甘さ(糖度72%当社調べ)が豊富でカフェインフリーなためお子様や妊婦の方にはコーヒーやココアの代用として、
  また、チョコレートアレルギーの方にはカカオの代用としてお勧めします。
スーパーフードと言われるキャロブは健康上多くの利点をもたらします。消化促進、コレステロール値の低下、血糖値の調整、ダイエット効果、骨粗しょう症対策や風邪の諸症状の緩和などに効果が見込める自然の生薬として使用されているようです。
キャロブはたんぱく質豊富で必須ビタミンA、B、B2、D2、Eを含むことから、健康の為のスナック菓子の代わりをすることも。
 キャロブには抗アレルギー、防腐、抗菌作用や、不溶性食物繊維を多く含み、抗酸化物質と食物性栄養素に満ちた100%天然スーパーフードです。


 マイケル・ジョリーとジャム・ジョリーが夫婦で営むオーストラリアン・キャロブ社は、
南オーストラリア州アデレードから北にあるブラにほど近いボーボロウィにあります。

  この農村の76エーカーの土地に、接木でキャロブを植え始めたのが2000年、それが今ではおよそ7種6000本のキャロブ樹が生い茂る果樹園となりました。夫妻の持続可能な農法へのこだわりによって、ここでは農薬や殺虫剤は一切しようしていません。
キャロブのさやの収穫期は3月~4月。刈り取り後は農園敷地内の倉庫に運び、まずは自然乾燥されます。ナッツフリー、グルテンフリーで本当に混じりけのない製品を作る方法はただひとつ。
栽培、収穫から製造、充填、梱包まですべての工程を自社農園内で完結すること。これに使用する機械類すべて自社製品の製造目的のみに使用することです。



商品紹介
(2017年3月15日取扱い開始予定)

 
 
 
 
ロウ キャロブ パウダー

鞘を自然乾燥し、人工の熱源を使用していません。
コクがあり甘いロウパウダーはスムージーや飲料に入れて天然の甘味が味わえます。



【200g/1kg/5kg】
ロースト キャロブ パウダー

130℃でローストし、超微細に製粉。
焼いたり、混ぜたり様々なお料理に最適です。独特の味わいで小麦粉に加えると甘味が増します。
ココアパウダーや、チョコレートの代用に最適です。ペストリー生地、パンケーキ、マフィンやホットドリンクにも。

【200g/1kg/5kg】
ロウ キャロブ 二ブ

果樹園の中でもニブに最適な品種を当社が厳選。
粗挽きニブは体によいスナック菓子としてお子様から健康の気になる大人の方妊婦の方の栄養補給としてお楽しみいただけます。


【200g/1kg/5kg】
キャロブ シロップ

自然の甘さが人気の最高品質のピュアシロップです。
シリアルの砂糖の代用品、デザートのトッピング、アイスクリーム、ホットケーキ、お肉のマリネードや飲料の甘味としてご使用いただけます。

【250ml/1L】

お問い合わせ             
The Australian Carob 日本総代理店    株式会社 本高砂屋 ヘイララ事業部           
           
〒658-0033 神戸市東灘区向洋町5丁目1番  TEL:078-862-8502 Email:heilala@hontaka.co.jp 
   

Copyright (C) 2013 本高砂屋ヘイララ事業部.All Rights Reserved.